Team member

チームメンバー紹介

Environment

チームの雰囲気

Introduction

医師紹介

伊藤 雅之

専門分野

股関節、外傷及び外傷再建学

外傷再建外科(センター)で目指す先

外傷患者には若い方も多く、命は助かったとしてもその後、生活する上でハンディキャップを抱える方も数多くいらっしゃいます。

超急性期の外傷患者に対し、機能と命の両立を目指し「外傷再建センター」を創り、機能再建も含めた一貫性医療の提供・展開を目指しています。

県央基幹病院に新潟県内の骨盤外傷、重度四肢外傷を集約し、学びを深めたい若手・中堅医師が集まる環境を創りたいと考えています。

伊藤 雅之

外傷再建外科(センター)で働く魅力

新しい医療をこれから創りたい、展開したいという気持ちを持っている方にはぜひきていただきたいと考えています。
県央基幹病院はもちろん県央医療圏を充実させるだけなく、革新的なことに取り組み、県内そして日本全国、世界まで発信できる組織を創ることを目指しています。

経歴

経歴
経歴
◀◀scroll▶▶

学会

・ 日本整形外科学会 整形外科専門医・運動器リハビリテーション医
・ 日本骨折治療学会 評議員
・ 日本股関節学会 股関節鏡技術認定医
・ 日本人工関節学会 人工関節認定医
・ AO Trauma Japan 理事


他 国内・国際学会 多数所属

趣味

サーフィン | スキー | スノーボード | 釣り | スピアフィッシング

普久原 朝海

専門分野

骨盤輪骨折、寛骨臼骨折、下肢骨折

外傷再建外科(センター)で目指す先

整形外科の慢性疾患は、患者が自分で専門医を調べて受診することが可能ですし、専門分野の手術は専門科が行うのが当たり前です。
一方で外傷は整形外傷の専門科が関わる病院はほとんどありません。そのため搬送先によって治療のクオリティが大きく異なってしまうのが現状です。
専門科が関わっていないのことに関して、整形外科医すらその現実を問題と認識していません。
また整形外科専門医になるための単位についても、脊椎外科医がいない病院で脊椎の単位は取れないのに、外傷だけはなぜか専門科がいない病院でも取れる状況です。

普久原 朝海

整形外科専門医になるにあたりきちんと外傷を学びたいという専攻医、外傷治療のプロになりたい専門医をしっかり教育できる環境ができれば、そこで育った整形外科医が関連病院に増えていくことで、新潟県は外傷患者がどこに運ばれても適切な治療が行われる日本一の県となることでしょう。東北各県の強みを生かした、東北医療圏で治療を行うことも可能になるでしょう。

国内留学した医師が地元に戻って活躍することで、最終的に日本中で「The Right Care, at the Right Time, in the Right Place.」が実現されることを目指しています。
さらに、整形外傷医の整形業界での立場の確立を目指しています。

外傷再建外科(センター)で働く魅力

・ 外傷再建外科医だけでなく、「膝・肩・スポーツ」「股関節」「手外科」の各専門医とチームとして治療を学ぶことができます。
・ 新潟では手外科医が開放骨折に対する軟部組織再建を行うため、適切なタイミングでスムースな再建が可能です。
・ 骨盤輪寛骨臼骨折の症例数は日本トップクラスです。
・ 整形外傷業界は医局の垣根が無く、日本全国の整形外傷医と仲良くなることができ、日本全国にアピールする場が身近にあります。

経歴

経歴
経歴
◀◀scroll▶▶

趣味

サッカー | スキー | 淡水熱帯魚飼育 | ショーレストランでワイワイすること

吉田 侑真

専門分野

救急科専門医、整形外科専攻医

現在は、整形外科専攻医として、もちろん一般整形外科の分野を学びつつ、「外傷再建」の勉強も行うことができており、日々自分が成長できる場所に身を置かせて頂いていると感じています。

吉田 侑真

外傷再建外科を志した理由

日々の勤務で感じること

経歴

経歴
経歴
◀◀scroll▶▶

救急科時代に、「整形外科として自分がどこで勉強するか」と考えた際に、学生時代に聴講した普久原朝海先生の講義を思い出し、新潟には外傷をスペシャリティとした整形外科の先生がいらっしゃるということから、母校である新潟大学の整形外科学教室に入局をさせて頂きました。
毎週Zoomで行われる外傷カンファレンスや、今後県央機関病院の外傷再建センターが設立されることもあり、非常に勉強になる環境に身を置けていると感じています。


趣味

筋トレ

Message

リクルートメッセージ

学生・初期研修医へ向けて

専攻医へ向けて

若手医師からのメッセージ